今年もひのなの栽培が始まります。

三重県鈴鹿市の伝統野菜、ひのな。今年も栽培のシーズンが到来しました。

ひのなの収穫は1年のうち春と秋の二度ありますが栽培量の大半を秋から冬にかけて収穫します。

先日畝上げが完了し播種されたひのなは約40日かけて鈴鹿市内で選び抜かれた数少ない契約農家さんにより真心込めて育て上げられます。

そのひのなを熟練を極めた職人の手により一本一本丁寧にお漬物に仕上げていきます。

長年の経験に基づき改良を重ね育てられ白とピンクのコントラストが美しいひのなには程よい辛味が残り一本漬けに最適です。生産者と職人の絶妙なコンビネーションにより味わい豊かな『ひのな一本漬け』が生産されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です