会社概要

“会社概要” への6件の返信

  1. キャッチの漬物問題を見ました。
    私は30代ですが漬物大好きです。
    毎日食べます。しかしスーパーで売ってる漬物は、沢庵含めてほとんどブドウ糖などで甘く味付けてるので苦手です。私は漬物と言ったら塩味で甘くない漬物が好きです。なので甘くない物を選らんだり自分で作ったりします。
    こういう人もけっこう多いのではないかと思います。また、若者の漬物はなれですが、やはり漬物の栄養を全面に宣伝してみるのもいいと思います。

    1. MS様

      ご視聴・ご感想を頂き誠にありがとうございます。

      近年甘口の漬物が好まれる傾向にあり、確かに甘口タイプが多く陳列されています。
      しかしMS様のように昔ながらのお漬物も根強い人気で今後も開発に注力していきたく存じます。
      今まで以上にご利用いただけると漬物屋として嬉しいです。

      ご意見頂きました通り栄養成分のアピールもしお漬物を広げていきたいと思います。

      どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

      株式会社マルフク
      企画部 小河

  2. 漬物大好きです。
    CB Cイッポウの特集みました。
    応援します。
    漬物は、塩分が多いため、食べ過ぎは、N G。
    しかし、今は、健康ブームです。菌が、腸内にもたらす効果は、期待できる。このあたりもセールスポイントとしてアピールしていくば。。

    1. 松永様

      ご視聴・ご感想を頂き誠にありがとうございます。

      実は近年販売されている漬物の殆どが塩分控えめです。
      食べる量には限度がありますが天然の乳酸も含まれており健康食ですので
      今まで以上にご利用いただけると漬物屋として嬉しいです。

      ご意見頂きました通り健康アピールもしお漬物を広げていきたいと思います。

      どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

      株式会社マルフク
      企画部 小河

  3. 練り漬物は漬物ではない。変わり物は所詮一過性。すぐに飽きられる。漬物を必要とする場面を想定してください。箸やすめ、食感、酒の魚の締め、お茶つけ、そしておかずの一品等々いろいろある。もっと基本的食材として考えるべき。塩分を料理塩分に転用するとか。料理の材料として活用するとか。かって、魚の歌が子供に喜ばれたように漬物の歌を作ってPRするとか。コンビニ弁当の一品として価値観をあげるとか。キムチがなぜ若者に浸透したのでしょうか。漬物が年配者の一品から漬物を若者の一品にするため広く意識調査を実施したらいかが。ちなみにはちみつは国産が少ないのでは。外国製品の安全性への懸念はないのですか。

    1. 吉川様

      ご視聴・ご感想を頂き誠にありがとうございます。
      また、貴重なご意見ありがとうございます。

      確かにこの商品は漬物のジャンルからは外れるかもしれません。
      しかし漬物業界としていかにお漬物を食していただけるか、
      提案していかなければ業界の存続も危ぶまれる程漬物業界は縮小しています。

      食べ方の提案により新たな食べ方を、また既存の商品の美味しさを再確認していただければ幸甚に存じます。

      どうぞ、今後とも宜しくお願い致します。

      株式会社マルフク
      企画部 小河

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です